退職勧奨、PIP、賃金減額、いじめやハラスメントなどで困っていませんか?そんなときは組合に相談しましょう。上の「ご意見ご感想」リンクをクリックしてメールで送るか、平日なら右のボタンで相談窓口へご連絡を。
相談窓口

6月30日午後半日スト決行

日本IBMは従業員の生活を守れ
キンドリルジャパンは2次回答せよ

YouTube中継リンク:https://www.youtube.com/channel/UCuVkXviVKdgKkBIJYRZiEeQ
(中継時間:17:00~18:00)

 日本IBMは依然として2次有額回答をせず、「従業員の処遇は給与のみならず福利厚生や良いオフィス環境、健保等を含めて考えている」などと回答。在宅勤務手当すら支払わない現状を棚に上げ、従業員の生活を顧みないあきれた態度を取り続けています。第1次回答の賃上げ率1.5%では、現在の物価上昇率を吸収できず、事実上の賃下げです。
 キンドリルジャパンの第1次回答は組合推定平均賃上げ率1.6%にとどまり、こちらも、現在の物価上昇率の中、これでは実質的に賃下げになってしまいます。さらに、賃上げが6月賞与に間に合わなかった点についての救済策も回答がありませんでした。
 両社の賃金は多くの従業員が組合の提唱する年齢別最低本給をクリアできず、さらに東京都の最低賃金を下回るシニア契約社員の処遇改善も進んでいません。
 私たち日本IBM支部は第6次となる6月30日午後の半日ストライキを実施します。日本IBMとキンドリルジャパンは、従業員の生活を守る賃上げをするべきです。

以上

日本IBM・キンドリルジャパン 十分な賃上げ回答をせよ

第6次回答
 両社とも従業員の生活に配慮せよ
 不当回答なら30日半日スト(第6次スト)

 かいな2405号1面の通り、今春闘ではJMITU主要企業の賃上げ回答は、賃上げ率が2%台後半から3%台後半という昨年を上回る高水準に達していますが、その一方、日本IBMの5月1日付賃上げの組合推定平均賃上げ率はわずか1.5%です。これでは今般の諸物価高騰の中、実質的な賃下げです。
 このような状況下で、組合は日本IBMに対し、5月1日付賃上げの第2次有額回答を要求していますが、日本IBMは未だに行っていないため、5月20日に第4次スト(午後半日)、6月3日に第5次スト(午後半日)を決行しました。
 この第2次有額回答は、労働組合として求めている年齢別企業内最低賃金(下表)を踏まえ、さらに諸物価高騰を考慮した、組合員個別の第1次有額回答への上積み回答であり、不可欠なものです。
 一方、組合はキンドリルジャパンに対しても、労働組合として求めている年齢別企業内最低賃金を踏まえた、7月1日付賃上げの組合員個別の有額回答(6月下旬の見込み)を要求しています。
 組合は、賃上げが今般の諸物価高騰を補うのに十分な水準であることを重視しており、両社の上記の有額回答について、6月29日の次回団体交渉で協議します。次回団交での会社回答が不当回答であれば、組合は6月30日に第6次スト(午後半日)を実施します。

不誠実際立つ日本IBM 不利益変更するなキンドリルジャパン

第5次ストライキ実施

 組合は日本IBMの賃上げ再回答内容とキンドリルジャパンのボーナス回答内容を不服として6月3日午後半日、雨を押して第5次ストライキを決行しました。(写真上)
 日本IBMの賃上げ規模は第1次有額回答の平均賃上げ率1.5%のままに止まっています。本来、賃上げ交渉は賃上げ規模の交渉がまずあるべきで、この交渉に応じようとしない会社の姿勢は不誠実さが際立っています。会社は諸物価高騰を考慮し従業員の生活に配慮した賃上げ予算そのものの増額を図るべきです。
 キンドリルジャパンは賃上げが6月賞与に間に合わなかった点についての救済策について、何ら具体的な説明をしませんでした。会社分割の結果、日本IBMの労働条件から不利益な変更が生じてはなりません。組合は7月賃上げと同時に不利益救済策を発表することを引き続き求めていきます。
 さらに、両社とも在宅勤務手当についても回答せず、事業経費負担を従業員に強いたままです。
 その上、東京都の最低賃金を下回るシニア契約社員の給与改善についても回答が無く、依然として法令違反の状態が続いています。
 
賞与はランキング圏外

 JMITU主要各社の夏ボーナス回答速報を右下表にまとめます。諸物価高騰を受けて各社とも高水準の回答を出しています。
 残念ながら日本IBMとキンドリルジャパンはランキング圏外となっています。もはや2ヶ月のボーナス回答ではランキングに入ることもできません。同業のNTTデータにも大きく引き離されています。

組合員は交渉継続

 5月給与や夏ボーナスは支給されましたが、組合員の場合は依然として交渉継続中です。私たちは賃上げ額についても賞与額についてもまだ妥結していないからです。
 賞与額については会社業績達成度と個人業績率の両面で交渉を継続しています。
 キンドリルジャパンの場合はGDPも支払われますので、これについての交渉も行っています。
 ご自身の賃上げ額や個人業績率について不満のある方は組合にご相談ください。日本IBMとキンドリルジャパンともに所属長の独断で賃金が決定できてしまうため、そこにパワハラなどが入り込む可能性があるからです。黙っていては手遅れになる恐れがあります。

5月20日第4次スト決行

第5次回答を要求

第5次回答
 日本IBMは第2次有額回答をせよ
 賃金の集団的労使交渉に誠実に応じよ

 組合は、4月21日の第3次スト(午後半日)に続く今春闘の第四段階において、第4次要求を日本IBMに提示し、5月19日の団体交渉にて第4次回答を提示し協議することを要求しました。第4次要求の要旨は次の通りです▼①労働組合として求めている年齢別企業内最低賃金を踏まえ、さらに諸物価高騰を考慮した、組合員個別の5月1日付賃上げの第1次有額回答への上積み回答(第2次有額回答)の要求▼②集団的労使交渉を行うために必要な指標(全従業員の平均賃上げ額や平均賃上げ率など)の回答要求。
 これに対して、日本IBMが5月18日に文書提示した第4次回答は、集団的労使交渉を行うために必要な指標を回答しないばかりか、第2次有額回答を行わず、妥結もしていない第1次有額回答をもって一方的に給与決定通知を各組合員に通知するとしました。
 これは組合員の賃金交渉に関する団体交渉の拒否にあたる不当回答であり、また5月19日の団体交渉での回答に前日の文書回答からの前進はありませんでしたので、組合は5月20日に第4次スト(午後半日)を決行しました。これで今春闘は第五段階に突入しました。

実質的な賃下げを許すな

 かいな前号(2405号)1面の通り、今春闘ではJMITU主要企業の賃上げ回答は、賃上げ率が2%台後半から3%台後半という昨年を上回る高水準に達していますが、その一方、日本IBMの5月1日付賃上げの組合推定平均賃上げ率はわずか1.5%です。
 これでは今般の諸物価高騰の中、実質的な賃下げですので、組合は5月23日に第5次要求を日本IBMに提示し、5月24日の給与支払い日に、決して第1次有額回答の内容を押し付けるような給与支払いをしないこと、6月2日の次回団体交渉までに第2次有額回答を提示し、当該団体交渉にて誠実に協議することを要求しました。
 組合は、第2次有額回答が不当回答であれば6月3日に第5次スト(午後半日)を実施します。

夏ボーナス一次回答出る

バンド7以下(一般職)推定昨年上回る2.0ヶ月
 日本アイ・ビー・エム平均79万2千円
 キンドリルジャパン平均78万円

 6月10日は夏ボーナス支給日です。日本IBM、キンドリルジャパンとも組合に一次回答が出ましたので、全社推計をお知らせします。

昨年よりアップも不十分

 日本IBM本体のバンド7以下一般職の全社推定平均支給額は79万2千円、昨年より1万6千円のアップです。月数では昨年の1.77ヶ月を上回る2.0ヶ月でした。しかし、これではまだまだ不十分と言えます。
一方、キンドリルジャパン本体の推定平均支給額は78万円、昨年より4千円のアップ。月数では同じ2.0ケ月でした。

キンドリルの不利益

 同じ月数の支給額なのに、キンドリルジャパンのほうが平均支給額が少ないのは何故でしょうか。それは、キンドリルジャパンの賃上げ日が7月となっており、今回のボーナス支給に間に合わなかったからです。
日本IBMは現時点で1.5%の賃上げ分が反映された結果、昨年からのボーナスの伸び率は2.1%になりました。
 これに対し、キンドリルジャパンは現状の賃金に対するボーナスの支給になりますから、同じ月数の支給であっても昨年からの伸び率は0.5%に止まっているのです。
 会社業績達成度は日本IBMが38。キンドリルジャパンは64。キンドリルジャパンのほうが会社業績達成度が良いため、上図の「ボーナスの計算方法」で示す業績査定額はキンドリルジャパンの従業員のほうが良くなるように思えます。ところが、実際の支給額で見ると、不足していることが一目瞭然です。
 キンドリルジャパンは7月賃上の際、賃上げが夏ボーナスに間に合わなかった分について、何らかの形で救済策を盛り込む必要があります。そうでないと、会社分割の結果、不利益が生じたことになってしまいます。

会社業績達成度

 日本IBMは会社業績達成度の基準(US?GAAPに基づく決算資料)を労使協議で示さないため、やむを得ず日本IBMの損益計算書の要旨を昨年との対比表で示します(左表参照)。もともとは日本IBMは会社業績達成度の説明に損益計算書を使っていましたが、2016年度の業績に基づく会社業績達成度に疑問が生じたことから会社に説明を求めたところ、会社がUSーGAAPにもどつく数値だと言い出したのですが、未だに資料を提示しません。

6月3日午後半日スト決行

日本IBMは誠実に賃金交渉に応じろ
キンドリルジャパンは不利益変更するな

YouTube中継リンク:https://www.youtube.com/channel/UCuVkXviVKdgKkBIJYRZiEeQ
(中継時間:16:30~17:45)

 日本IBMの第2次有額回答の再回答は大変に不十分な内容でした。第1次回答(組合推定平均賃上げ率1.5%)では、この間の諸物価高騰を吸収できず、事実上の賃下げです。しかも、依然として年齢別企業内最低賃金を下回る人が多数であり、もう一段の上積み回答が必要です。在宅勤務手当についても回答せず、事業経費負担を従業員に強いたままです。
 キンドリルジャパンは今回の6月賞与に適用される会社業績達成度について、何ら具体的な説明をしませんでした。さらに、6月賞与に賃上げが間に合わなかった点についても救済策が未解決のままです。会社分割の結果、日本IBMの労働条件から不利益な変更が生じてはなりません。7月賃上げと同時に不利益救済策も発表されるべきです。
 さらに、両社とも東京都の最低賃金を下回るシニア契約社員の待遇改善について回答が無く、依然として法令違反の状態が続いています。
 私たち日本IBM支部は6月3日午後の半日ストライキを実施します。日本IBMとキンドリルジャパンは、従業員の生活を考えた誠実な回答をするべきです。

以上

4月21日第3次スト決行

第4次回答を要求

第4次回答
 日本IBMは賃上額を上積みせよ
 集団的労使交渉に必要な情報を提供せよ

 今春闘は、第一段階では、日本IBM、キンドリルジャパンともに3月9日の第1次回答が従業員の生活を顧みないひどいものでしたので、組合は3月10日早朝に第1次 ストを決行し、日本IBMは翌11日の団交で5月賃上げを確約しました。
 第二段階では、回答指定日の3月23日に日本IBMは第2次回答をせず、キンドリルジャパンは第2次回答で5月賃上げを実施しないと表明しましたが7月賃上げには言及しませんでした。よって組合は3月24日に第2次スト(午後半日)を決行しました。
 第三段階では、4月6日にJMITU要請団が両社に対して行った誠実な賃金交渉を求める要請に対し、キンドリルジャパンは、今年の賃上げ日は7月1日の予定と文書回答しました。
 一方、日本IBMは、回答指定日の4月20日に全従業員の平均賃上げ額や平均賃上げ率など集団的労使交渉に必要な情報を回答せず、さらに組合員個別の有額回答を延期しましたので、組合は4月21日に第3次スト(午後半日)を決行しました。

賃上げ推定平均1.5%

 今春闘ではJMITU主要企業の賃上げ回答は、昨年を上回る高水準に達しており、その賃上率は2%台後半から3%台後半になっています。
 一方、全従業員平均賃上げ率の回答が未だない日本IBMの5月1日付平均賃上げ率は分かりませんが、組合による推定平均賃上げ率はわずか1.5%で、3年前からの消費増税、今般の諸物価高騰を補うには極めて不十分な水準です。
 そこで組合は日本IBMに対し、労働組合として求めている年齢別企業内最低賃金を踏まえ、加えて諸物価高騰を考慮した、組合員個別の賃上額の上積みを要求しました。さらに、全従業員の平均賃上げ額や平均賃上げ率など集団的労使交渉に必要な情報の回答も要求しました。
 組合はこれらの回答(第4次回答)を5月19日に指定しました。不当回答であれば翌20日第4次スト(午後半日)を構えています。

いつでもどこでも「ろうきん」

 今年もきれいな桜を見ることができ、沖縄では早くも梅雨入りしたとのことです。今号のかいなでは、新しく入社された方の頼れる資産預け先として中央労働金庫のご紹介をします。

ろうきんについて

 ろうきんとは、労働組合や生協などの、はたらく仲間がお互いを助け合うために資金を出し合ってつくった、協同組織の金融機関です。全国各地にろうきんの店舗があります。
 銀行とろうきんの最大の違いは、ろうきんにおいては営利目的の運営をしていない点です。銀行では個人への融資が約28%、企業への融資が約64%であるのに対し、ろうきんでは勤労者への融資が99%強にも及びます。
 労組や生活協同組合で働く人々がお互いを支え合い、資金を利用することで運営し、得られた利益を利用しやすい商品として利用者に還元しています。

ろうきんは身近に

 ろうきんを支える団体の一つに労働組合があるときくと、気軽にろうきんのサービスを利用し始めるには敷居が高いように思えるかもしれません。しかしながら、普段からろうきんとお付き合いのある、わたしたちの労働組合、JMITU日本アイビーエム支部に加入していただくと、口座を開設でき、サービスを利用することができます。つまり、ろうきんへの入り口は、実は皆さんの身近なところにあったのです。お問い合わせ先は記事の終わりでご案内しています。

加入してもっと身近に

 銀行など金融機関のネットバンキングサービスが開始されるようになって久しいですが、ろうきんもネットバンキングが使えます!その名は「ろうきんダイレクトインターネットバンキング」。サービス内容としては、残高照会・明細照会(貯蓄もOK)、振込振替。資産形成面では定期預金・エース預金、財形預金、投資信託などあり、投資信託では口座が開設できるほか、投資信託注文でご希望のファンドを購入することもできてしまいます。

利用可能な時間

 自宅からでも外出先からでも、店舗やATMを探さずにスマホやPCからろうきんにアクセスできてしまうのがネットバンキング。残高照会・明細照会、定期預金、エース預金、財形預金、投資信託などは、24時間アクセス可能で、利用時間すら選びません。但し、厳密には細かい取扱時間の違いもあるので、その点はご注意いただきたいと思います。

リアルも便利!

 ネットバンキングは場所を選ばず便利とはいえ、生活をしていると、時には実際の店舗やATMへ行く必要も出てきます。特にATMは現金を下ろしたい時に便利で、近所に店舗やATMがなくとも、コンビニ系の銀行やゆうちょ銀行などのATMでろうきんのキャッシュカードを使うことができます。利用回数は無制限で、なんと手数料は無料(キャッシュバックサービス)。近所にろうきんのATMがなくても、いざという時に安心です。
 さらに、給与振込口座をろうきんにすると、インターネットバンキングでの振込手数料が月3回まで無料になります。

エース預金

 さて前述の「エース預金」ですが、これは積立貯金のことです。普通口座から一定額を月々自動で引き落として貯蓄してくれます。臨時の入金や額の変更、自由な引き出しが可能です(満期日を決めないエンドレス型の場合)。
 女性向けを対象としたエンドレス型の積立制度Rukuo(ルクオ)もあり、契約するとノベルティを貰えます。

オンライン相談会

 スマホを使って、残高・明細照会、振込、ためる・ふやす、かりるなどのサービスも活用できて便利なろうきんですが、詳しく話を聞きたい方は、予約をすることで、オンラインまたは来店で、これらのサービスの相談会に参加することができます。

実施中のキャンペーン

 ろうきんでは2023年3月31日までの期間中、資産形成応援キャンペーンを実施しています。iDeCoの新規契約、または在家貯蓄、エース預金の積立額増額で、QUOカード500円分。つみたてNISAの口座開設と対象取引でUCギフトカード1500円分。一般NISA、ジュニアNISAを利用した対象取引でQUOカード1000円分をプレゼントしています。

お問い合わせ先

 ろうきんにご興味をお持ちになった方は、同じ職場の組合員か、もしくは、かいな3面の下にある「組合なんでも相談窓口」に記載の各担当者、組合事務所までお問い合わせください。

5・20午後半日スト決行

日本IBMは誠実に上積み回答せよ
キンドリルジャパンは誠実に協議せよ

YouTube中継リンク:https://www.youtube.com/channel/UCuVkXviVKdgKkBIJYRZiEeQ

 日本IBMは5月19日の第2次有額回答を出しませんでした。第1次回答(組合推定平均賃上げ率1.5%)では、この間の諸物価高騰を吸収できず、事実上の賃下げ。しかも、依然として年齢別企業内最低賃金を下回る人が多数であり、もう一段の上積み回答が必要です。在宅勤務手当についても回答せず、事業経費負担を従業員に強いたままです。
 キンドリルジャパンは6月賞与回答をしたものの、7月賃上げ分が今回の6月賞与に反映されない点について、何ら救済策を示しませんでした。これでは会社分割の結果、日本IBMの労働条件から不利益な変更が生じることになります。7月賃上げと同時に不利益救済策も発表されるべきです。
 さらに、両社とも最賃を下回るシニア契約社員の待遇改善について回答が無く、依然としてパート有期雇用労働法違反の状態が続いています。
 私たち日本IBM支部は5月20日午後の半日ストライキを実施します。日本IBMとキンドリルジャパンは、従業員の生活を考えた誠実な回答をするべきです。

以上

4・21午後半日スト決行

日本IBMは誠実回答せよ
キンドリルジャパンは不利益救済せよ

YouTube中継リンク:https://www.youtube.com/channel/UCuVkXviVKdgKkBIJYRZiEeQ

 日本IBMは4月20日の有額回答を延期しました。一方で、キンドリルジャパンは7月に賃上げすることを回答しました。これは大きな前進です。しかし、これでは賃上げの反映が6月の賞与に間に合いません。まさに会社分割した結果、日本IBMの労働条件から不利益変更が生じたことになってしまいます。7月賃上げと同時に6月賞与についての不利益救済策も発表されてこそ不利益の無い会社分割だったと言えます。
 私たち日本IBM支部は4月21日の午後半日ストライキを実施します。日本IBMとキンドリルジャパンは、従業員の生活を考えた誠実な回答をするべきです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。