会社動向

TSS部門の闇

 次々と明るみに     4月から働き方一括法が施行されましたが、TSS部門では働き方の改革どころか、違法行為や不適切なマネジメントがはびこっています。既報のCE緊急呼び出し当番に加え、次々とその闇が明るみに出…

日本IBMグループに頼れる労働組合あり

   4月1日付で入社された皆さん、この会社がブラック企業であることを承知の上で入ってきた人も多いでしょう。この会社で無事にやっていけるのか、ひどい目に会わないか、きっと不安で一杯ではないでしょうか。  安心し…

日本IBMでパワハラが蔓延

-デリバリー部門は影の獄-  社会的にパワハラが問題視されている中、日本IBMの社内から次々と告発の声があがっています。  特にGBS事業やGTS事業のデリバリー部門(お客様に実際にサービスを提供している部門)ではパワハ…

CE300人がTSOLに出向 -TSS部門の闇-

GTS事業本部のTSS(テクノロジー・サポート・サービス)事業部門において、大規模なお客様以外の一般のお客様を担当しているCE(カスタマー・エンジニア)約300人が100%子会社のTSOL(日本アイ・ビー・エムテクニカル…

ハラスメントは許さない

-セールス・インセンティブ部門の魔物-  箱崎本社24階のT&Oセールス・インセンティブ部門に所属する社員が3年間にわたって「仕事外し」「退職強要」「嫌がらせのためのプレゼン強要」などのハラスメントをされていたことが判明…

ワトソン・ヘルスで世界的リストラ

 ジェームズ・カヴァノーIBM最高財務責任者は、今年の第1四半期に人員再調整費用を6億ドル使ったと決算発表で述べています。これはリストラ費用のことで、大規模な人員削減が行われたことを意味します。  第2四半期になってもリ…

PIPが広がっています すぐに組合に相談を

 1面でご紹介したワトソン・ヘルス部門のリストラに呼応するように、全社的にPIP(業績改善プログラム)が始まっていることがわかりました。  最近はチェックポイント・トラッカーによるワークフローが使われるため、分かりにくく…

夏季ボーナス速報

  JMITU主要各社好調 一般職平均95万6千円  日本IBMではすでに夏季賞与が支給されましたが、日本の多くの企業では今がまさに交渉の山場です。下右表はJMITU主要各社の一般職に対する回答状況ですが、平均…

社員還元はできる

  会社決算分析  1面で他社との賞与支給額比較を行いましたが、日本IBMには社員還元を拡大できる余地はないのでしょうか。この記事では、前号1面での簡単な解説に引き続き、詳細な分析を行い、その点を明確化します。…

夏季賞与一次回答

 組合推定平均83万6千円    予想下回る1.94ヶ月  夏季賞与一次回答が出ました。各社員にも通知されているはずですので、組合推定内容をお知らせし、ご自身の通知内容の検証にお役立てください。 個人業績率平均68%  …

1 / 612345...最後 »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。