【春闘回答】要求実現!勤務間インターバル・ガイド

しかし今年もパワハラ賃下げを実施  組合の重点要求の回答状況をご紹介します。  勤務間のインターバル時間をガイドするという前進回答があった一方で、シニア契約社員の処遇改善や、CEの緊急呼び出し当番手当についてはゼロ回答。…

リファレンスサラリーで100万円の賃上げ要求

【春闘要求】 回答日3月6日 不調なら3月7日早朝スト    昨年の春闘での賃金実態調査で12年間に社員の年収平均が200万円も下がったことが明らかになりました。それでも会社はパワハラ賃下げを止めようとしません…

【春闘要求】Workday@IBMの改善を要求

会社は速やかに対応を    1面から引き続き組合の重点要求を紹介します。まず、今年の関心の的であるWorkday@IBMや給与計算部門への要求をしました。 Workday@IBM改善要求 「Workday@IB…

パワハラ3点セットを撲滅しよう

パワハラ低評価・パワハラPIP・パワハラ賃下げ    日本IBM本体やISCーJなどの子会社でパワハラが蔓延しています。「個人成績評価」「改善指示」「賃下げ」を巧みに使って人員削減や人件費の圧縮に利用されていま…

賃上げ要求過去最高

不安のトップは「企業の将来」  春闘アンケートのコメントに不透明な評価や過重労働への不安、会社の将来の不安ついて多くの意見が寄せられたことを前号で紹介しました。  今号では、アンケートの項目ごとの集計結果を報告します。 …

不透明な評価・過重労働に不安

-春闘アンケートの声-  春闘アンケートにご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。不透明な評価や過重労働の実態、困りごとなど多くの声をいただきました。以下に紹介いたします。 職場環境について ・プロジェクトの関係…

日本IBMでパワハラが蔓延

-デリバリー部門は影の獄-  社会的にパワハラが問題視されている中、日本IBMの社内から次々と告発の声があがっています。  特にGBS事業やGTS事業のデリバリー部門(お客様に実際にサービスを提供している部門)ではパワハ…

第3次パワハラ賃下げ裁判

続々と追加提訴者加入  2018年12月17日、第3次パワハラ賃下げ裁判の第一回口頭弁論が東京地裁527号法廷で行われました。原告側からは、組合の弁護団を代表して岡田弁護士より提訴の趣旨説明がありました。さらに原告団長が…

通勤費の是正が実現

八丁堀ー茅場町は支給対象  JR京葉線八丁堀駅で東京メトロに乗り換え茅場町で下車する通勤経路にしている社員に、その経路の変更を指示する事案が頻発しています。「交通機関とは、ひとつの運輸会社のことであり、JRと東京メトロは…

従業員代表に0.5票差

組合候補への投票ありがとうございました  従業員代表選挙の結果を左表のとおり報告いたします。  本社第2と第5ブロック、大宮西事業所で、選挙になりました。本社では、11月26日の投票で過半数に達せず、12月6日の再投票で…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。