業績改善プログラム

「IBM中央団体交渉」報告

会社は雇用責任果せ  組合は、2012年6月7日、会社と団体交渉を行いました。今回は、テクノロジー開発・デリバリー部門の部門解散、IGASの株式譲渡、PBC不当評価やPIP・退職強要について交渉しましたので紹介します。 …

「IBM中央団体交渉」報告

会社業績根拠開示せず 不当労働行為に抗議  4月10日、26日に日本IBMとの中央団交を行いました。  春闘要求回答では、GDPの諾否の事務手続については組合が提案することで合意しましたが、会社業績40の根拠については今…

「IBM中央団体交渉」報告

【PBC問題】不当低評価撤回せよ  3月21日に会社と、中央団交を行いました。  今回の団交では、PBCで不当に低評価にされた社員が複数名出席し、低評価の撤回を求めました。また、組合活動妨害など不当労働行為に対して強く抗…

PBC評価いいかげんな実態 
5月に低評価候補者指名

 現在、会社はPBC低評価者に対してPIP(業績改善プログラム)を強要していますが、そもそもPBC評価が公平、公正におこなわれているのでしょうか。組合は、いかに評価の中身がいい加減であるかを会社が作成した人事資料をもとに…

より広範にPIP実施! 組合へ早目の相談を!

 会社は例年にも増してPIPを実施し給与の減額調整や降格を強要してくる模様ですので、早目に的確な対応をする必要があります。  会社は1月31日にラインを集めPIP(業績改善プログラム)説明会を開催し、2月27日には「20…

ラインが 「中間PBCの評価が低い営業はPIPの対象」と言明

 6月に入ってから、多くの営業系部署でラインがセクションミーティングにおいて「1H終了後、中間PBCを行う。その評価が低い営業はPIP(業績改善プログラム)の対象になる」ことを宣言しています。そして事実、1stラインには…

改善目標管理フォーム」による指導や減給について都道府県労働局長がIBMを 44回 助言・指導

「改善目標管理フォーム」による指導や減給について、2010年以降、のべ44回にわたって都道府県労働局長は、会社を助言・指導しています。 ◆改善目標管理フォーム 降格・解雇のエビデンス  「改善目標管理フォーム」(業績改善…

シンポジウム開催報告

「新型解雇をうちやぶれ! PIPという名のアリ地獄」 11月16日夜、文京シビックセンターにて、「PIP」に関するシンポジウムが新聞労連とJMIU(全日本金属情報機器労働組合)の共催で開催されました。  当日は100人を…

ブルームバーグでの解雇を絶対に許さない_業績改善プログラムを外資系企業が活用

 ブルームバーグは、経済・金融情報の配信、通信社・放送事業を手がけるアメリカの総合情報サービス会社です。この会社でも、PIP(成績改善計画=パフォーマンス・インプルーブメント・プラン)と呼ばれる日本IBMで行われているP…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。