あらゆるパワハラに対抗し安心して働ける会社にしよう

【春闘要求】回答日3月4日 不調なら3月5日早朝スト  この間のアンケートや賃金実態調査で、日本IBMの従業員は低賃金の中、リストラに怯えながら殺伐とした職場で会社の将来に大きな不安を抱きながら働いていることが分かってき…

【春闘要求】TSS部門の体質改善を

安全で働きやすい職場へ  TSS(テクノロジー・サポート・サービス)部門では働き方や就業環境、残業代不払いに関する事件が頻発しています。  これを受け、重点要求としてTSS部門の体質改善について、以下のように要求しました…

不安のトップは「企業の将来」

増えない賃金・増える支出・苦しい生活  今回は春闘アンケートの項目ごとの集計結果を発表します。今年も20代と30代の若手から全体の約4割に上る回答が寄せられました。また職種では、SE系、営業系、コンサルなど、バンド別でも…

GTSデリバリー部門のM担当がまたパワハラ

 箱崎本社18階のGTSデリバリー、WFM(ワークフォースマネジメント)のM担当がまたパワーハラスメントを行っていることが判明しました。 M担当のパワハラ内容  M担当は部下のAさんに以下のような言いがかりを作り、「業務…

定年後再雇用は権利 賃金75%減は違法

 厚生年金の支給開始年齢が段階的に65歳まで引き上げらたのはご存知の方も多いでしょう。現在、現役で働いているほとんどの人は65歳まで厚生年金が出ません。しかし、日本IBMグループの定年は60歳に止まったままです。そうなる…

会社の将来を不安視

春闘アンケートの声  春闘アンケートにご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。過重労働、困りごとなど多くの声をいただきました。特に今年、最も多くの声が寄せられたのが会社の将来を不安視する声でした。以下にご紹介し…

集団的労使交渉で働きやすい会社にしよう

 前ページで、私たち従業員一人ひとりの様々な不安や不満、そして切実な要求を紹介させていただきました。でも、黙っていてはこれら不満の改善や要求の実現はできません。会社と交渉する必要があります。しかし、一人では交渉力に限界が…

こんな評価はパワーハラスメント

 日本IBMの1月は人事考課であるチェックポイント評価の時期です。ところが、合理的な理由無しに低評価にされる人が後を絶ちません。  パワハラとは職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超え…

毅然とした態度が身を守る

労災で損害賠償、自殺で上司を書類送検  新入社員が上司のパワハラで自殺し、労災認定されたり、上司が書類送検される例が相次いでいます。これら新入社員の例に限らず、日本IBM社内でも同様の圧力があり、いつ同じような事件が起こ…

日本IBMの賃金上がらず

組合による賃金実態調査結果発表  今年も多くの方に賃金実態調査のご協力をいただき、ありがとうございました。ここに調査結果を発表させていただきます。母数の関係で一番数の多い日本IBM本体の賃金実態を、新人事制度導入直前の2…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。