4・21午後半日スト決行

日本IBMは誠実回答せよ
キンドリルジャパンは不利益救済せよ

YouTube中継リンク:https://www.youtube.com/channel/UCuVkXviVKdgKkBIJYRZiEeQ

 日本IBMは4月20日の有額回答を延期しました。一方で、キンドリルジャパンは7月に賃上げすることを回答しました。これは大きな前進です。しかし、これでは賃上げの反映が6月の賞与に間に合いません。まさに会社分割した結果、日本IBMの労働条件から不利益変更が生じたことになってしまいます。7月賃上げと同時に6月賞与についての不利益救済策も発表されてこそ不利益の無い会社分割だったと言えます。
 私たち日本IBM支部は4月21日の午後半日ストライキを実施します。日本IBMとキンドリルジャパンは、従業員の生活を考えた誠実な回答をするべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。