春闘賃上げ交渉

 

春闘賃上げ交渉

JMITU各社上積み回答を獲得

継続雇用者の処遇改善もねばり強く

 JMITU各社は3月末日までに127拠点で有額回答を得て、さらには2次回答、3次回答で次々と上積み回答を引き出しています。右表における主要各社ではなんと1万358円の平均賃上げ額となっており、例年以上の賃上げ動向となっています。
 定年後再雇用の継続雇用者についても日立建機ティエラ支部では一時金増額や、皆勤手当増額など、すべての仲間の賃上げに向けて大きく前進しています。
 政府・財界が言う3%程度の賃上げを超え、労働者の本当の生活向上につなげ、消費購買力の改善によって景気回復をはたすべく、JMITUは
①産業別統一闘争を強化し生活改善できる大幅賃上げの春闘を前進させる、
②組織の拡大強化で労使の力関係を変え、要求を実現できる力をつくる、
③社会的課題を職場で話題にして話し合い、「アベ働かせ方改悪」「憲法9条改悪」阻止の取り組みなど「二方面のたたかい」を強化する、の3つの柱を方針に掲げて奮闘しています。
 改めて生計費原則に立ち返り、「大幅賃上げまで春闘を終わらない」構えで春闘後半戦を一丸となってたたかっています。
 日本IBM支部では、賃上げ日を9月から4月に変更することはかないませんでしたが、逆に9月まで十分にたたかう時間があることになります。JMITU各社のたたかいや動向を十分に生かしながら9月に向けてねばり強いたたかいを展開していきます。

今こそ団結しよう

 社員のみなさん、このままではボーナスも大手平均に届かず、年収水準も12年前の200万円減のままです。組合に団結し、まともな賃金水準を取り戻しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。