退職金制度

もはや個人で闘うことは不可能_労働組合に加入して「労働者の権利」を獲得しましょう。

日本IBM、関連会社で働くみなさん、 日本IBMでは、もはや個人で会社と闘うことは不可能です。 毎年繰り返されるリストラ、更に退職金制度改訂、まともな昇給も実施せず、3月からは就業規則を変更し「減給」を実施しようとしてい…

「退職金制度改訂」従業員代表選挙#2  11万5千円の減額 直接投票で意思表示を

会社は、9月に入り、「退職金制度改訂」の確定給付(CB)の変更に関する、同意署名・捺印を社員に対しおこなってきました。私たち労組は、内容に問題であるだけでなく説明が不十分であり、更に数年後に改悪するのではないかと同意署名…

「退職金制度改訂」従業員代表選挙#1 改訂には従業員代表の同意が必要

DC改訂同意など問う従業員代表選出選挙で会社発表では、来る10月下旬「就業規則の一部改訂および諸協定の締結のための従業員代表の選出(選挙)」が実施されます。 組合は今回の「退職金制度改訂に反対」しています。ご支持をお願い…

利益確保最優先、ひたすら犠牲になる社員 会社は「無責任経営」をやめ従業員に報いよ

会社は最近、リストラをはじめ、昇進・昇給の凍結、退職金制度の改訂など、社員にとって不利益となる施策の発表時に、必ず「売り上げが低下した」「目標が達成できなかった」などと会社が「期待した業績」をあげられなかったことを理由と…

やっぱりあった!人事からの通達/退職金制度改訂のマネジメント向けガイド

9月3日付けの坪田人事担当名のラインマネージャーインフォメーションを組合は入手しました。以下抜粋します。 『法的に求められている同意取得は社員の3分の2以上ですが、厚生労働省認可をスムーズに受けるためには、最低でも対象社…

9/25 東京地方裁判所前 「退職強要・人権侵害事件」宣伝行動

退職強要・人権侵害裁判事件の早期解決を勝ち取るため東京地方裁判所前で宣伝行動を実施しました。 裁判所に出勤される方に日本IBMの現状を訴え、そして宣伝ビラ配布を 30名で行いました。多くの方が私たちの訴えに耳を傾けていた…

退職金制度改訂の根拠が不明 組合員は「同意署名しません」

9月4日、会社は組合との団体交渉において、2010年1月からの退職金制度改訂について通知してきました。このことはご存じのことと思います。CBの制度改訂にあたっては最低3分の2の従業員の署名・捺印が必要で、会社は90%の署…

退職金制度Q&A――改訂内容の問題点はここだ!

退職金制度改訂に対する組合から会社への申し入れ内容はこちら。 会社との団体交渉報告はこちら。 Q1:組合が考える退職金制度改訂の問題点は何ですか? A1:2010年退職金制度改訂の問題点をあげると下記のようになる。 なぜ…

退職金制度改訂の説明責任を果たしてください。申し入れ書の回答を要求します。

雇用の確保も退職金の確保もしない会社になり下がった 2008年4Qのリソースアクションプログラムにおいて、1500名近くの従業員がリストラにより会社を退職していきました。その時会社は「ハイパフォーマンスカルチャーの実践」…

1 / 212
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。