組合の追及成果

第8次ストライキ決行!

日本IBM・キンドリルジャパン 減らされた1回分の賃上げ実施を拒否 22秋闘 他方で分かれる両社の交渉姿勢 キンドリルジャパン、シニア賃上げで前進回答  22秋闘において、日本 IBM、キンドリルジャパン両社は、組合が9…

日本IBM・キンドリルジャパンのパワハラ降格争議和解円満解決の御礼

 2022年9月8日、JMITU日本アイビーエム支部組合員2人がそれぞれ日本IBM(株)とキンドリルジャパン(株)を相手取って提訴していたパワハラ降格訴訟(東京地裁令和元年(ワ)第29752号)が東京地裁民事第19部(片…

組合要求が実現

シニア契約社員の労働条件が一部改善  シニア契約社員に対しては以前から正社員との待遇差別が存在していますが、日本IBM、キンドリルジャパン双方から、シニア契約社員の労働条件を一部改善する以下の会社発表がありました。 ①年…

キンドリルジャパン 問題多い分割手続き

 日本IBMのGTS・IS事業がキンドリルジャパンへ分割される手続きが進んでいますが、対象となる従業員の特定手続きや、キンドリルジャパンについての説明には数多くの問題があります。以下に解説させていただきます。 「主」か「…

組合要求が次々実現

TSS部門の緊急呼出当番手当も  組合が団体交渉や法廷闘争、社会運動等でねばり強く要求を掲げ活動してきた結果、2020年の成果として次々と要求が実現しています。ここに一部ではありますがその成果をご紹介します。  例えば、…

デリバリー部門の働き方

ILC過少申告の誘導ダメ  かいな2373号でデリバリー部門の非人間的な働き方の根本原因となっている、「異常に高額な要員単価」と、それによる「無理な要員計画の是正」などを要求した秋闘1次要求と、その会社回答をご紹介しまし…

組合要求実現 在宅勤務環境が整備可能

ただし運用はさらなる改善が必要  2020年8月31日、COVID-19サマリーガイドページにて「在宅勤務のためのオフィス用品と一部のPC周辺機器の購入が可能となりました」との発表がありました。リンク先の購買ポータルには…

毅然とした態度が身を守る

労災で損害賠償、自殺で上司を書類送検  新入社員が上司のパワハラで自殺し、労災認定されたり、上司が書類送検される例が相次いでいます。これら新入社員の例に限らず、日本IBM社内でも同様の圧力があり、いつ同じような事件が起こ…

組合要求が実現

給与位置がわかった    組合が長年取り組んできた要求内容がこの春闘のたたかいの中で次々と実を結んでいます。以下にご紹介します。 喜びの声続々と  まずひとつはハラスメントとのたたかいです。この間、多くの方から…

TSS部門の闇

 次々と明るみに     4月から働き方一括法が施行されましたが、TSS部門では働き方の改革どころか、違法行為や不適切なマネジメントがはびこっています。既報のCE緊急呼び出し当番に加え、次々とその闇が明るみに出…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。