【お詫びと抗議】 「退職勧奨を受けているのは成績の悪い社員」とする一部報道について

私どもの組合員に対して取材をした内容について、「退職勧奨を受けているのは成績の悪い社員である」といった論調に偏向したかたちでの報道が一部でなされています。このような報道で、退職勧奨において「特別セカンドキャリアプログラム…

当ウェブサイトに寄せられた声をご紹介します

当サイトの記事に対するたくさんのコメント、ならびにメールフォームからの多くの投稿、どうもありがとうございます。心から感謝いたします。 さて、その中のひとつを、ここにご紹介したいと思います。皆様からのご意見もお待ちしていま…

意見投稿:「会社の姿勢に矛盾あり-障害者雇用とリストラ-」

「声なき障害者のために」とのことで、意見投稿をいただきましたので掲載いたします。 会社が果たすべき「社会的責任」を考えるとき、このような状況は到底看過できないものです。ぜひお読みください。

[呼びかけ文] 「解雇予告」で退職強要されている皆さんへ

現在、日本IBMは「退職勧奨」を大々的に進めていますが、最近、新たな手口として「貴方の業績は悪い」ということで「解雇予告」なるものを乱発し「退職強要」を行っています。 この内容は、「過去3年間のPBC評価が3以下で、今年…

48時間以内に退職選択を迫る!

2008.4Q リソースアクションプログラムが進められていますが、当初の「退職勧奨」そして「退職強要」から一歩進んだ「48時間以内に退職選択」という新局面に入りました。会社のリストラ施策も目標人数に達成していないためか「…

『バンド8以上でも、組合に加入できます。』

BAND8以上のスタッフ専門職も組合に、即、加入できます。 BAND8以上のスタッフ専門職の組合員資格問題について、東京高等裁判所まで労使で争いました。高裁で判決内容が確定し、BAND8以上のスタッフ専門職は「組合員の範…

「退職プログラム」を聞いたら組合へ相談を!

10月中旬ごろから、社内では、あちこちで退職勧奨が行われています。所属長が社員と個別に面談し、「15か月の割増金を出す早期退職プログラムに応じないか、このプログラムに応じなければ、今後、降格や減収もありえる。就職斡旋会社…

新聞報道をごらんになった皆様へ――「退職勧奨」という名の「退職強要」の実態

11月26日、日経新聞紙面をはじめ、日経・朝日・毎日・東京の各新聞社のWebサイトに、一斉に日本アイ・ビー・エムのリストラ関係記事が掲載されました。また、11月27日には、朝日新聞の経済面やタブロイド紙「日刊ゲンダイ」に…

職場ミニ通信――退職勧奨の声がかからない人も「被害者」に!

こんな話を耳にしました。退職勧奨されていないあなたのまわりにも同様の話、ありませんか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。