5月20日第4次スト決行

第5次回答を要求

第5次回答
 日本IBMは第2次有額回答をせよ
 賃金の集団的労使交渉に誠実に応じよ

 組合は、4月21日の第3次スト(午後半日)に続く今春闘の第四段階において、第4次要求を日本IBMに提示し、5月19日の団体交渉にて第4次回答を提示し協議することを要求しました。第4次要求の要旨は次の通りです▼①労働組合として求めている年齢別企業内最低賃金を踏まえ、さらに諸物価高騰を考慮した、組合員個別の5月1日付賃上げの第1次有額回答への上積み回答(第2次有額回答)の要求▼②集団的労使交渉を行うために必要な指標(全従業員の平均賃上げ額や平均賃上げ率など)の回答要求。
 これに対して、日本IBMが5月18日に文書提示した第4次回答は、集団的労使交渉を行うために必要な指標を回答しないばかりか、第2次有額回答を行わず、妥結もしていない第1次有額回答をもって一方的に給与決定通知を各組合員に通知するとしました。
 これは組合員の賃金交渉に関する団体交渉の拒否にあたる不当回答であり、また5月19日の団体交渉での回答に前日の文書回答からの前進はありませんでしたので、組合は5月20日に第4次スト(午後半日)を決行しました。これで今春闘は第五段階に突入しました。

実質的な賃下げを許すな

 かいな前号(2405号)1面の通り、今春闘ではJMITU主要企業の賃上げ回答は、賃上げ率が2%台後半から3%台後半という昨年を上回る高水準に達していますが、その一方、日本IBMの5月1日付賃上げの組合推定平均賃上げ率はわずか1.5%です。
 これでは今般の諸物価高騰の中、実質的な賃下げですので、組合は5月23日に第5次要求を日本IBMに提示し、5月24日の給与支払い日に、決して第1次有額回答の内容を押し付けるような給与支払いをしないこと、6月2日の次回団体交渉までに第2次有額回答を提示し、当該団体交渉にて誠実に協議することを要求しました。
 組合は、第2次有額回答が不当回答であれば6月3日に第5次スト(午後半日)を実施します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。