6月3日午後半日スト決行

日本IBMは誠実に賃金交渉に応じろ
キンドリルジャパンは不利益変更するな

YouTube中継リンク:https://www.youtube.com/channel/UCuVkXviVKdgKkBIJYRZiEeQ
(中継時間:16:30~17:45)

 日本IBMの第2次有額回答の再回答は大変に不十分な内容でした。第1次回答(組合推定平均賃上げ率1.5%)では、この間の諸物価高騰を吸収できず、事実上の賃下げです。しかも、依然として年齢別企業内最低賃金を下回る人が多数であり、もう一段の上積み回答が必要です。在宅勤務手当についても回答せず、事業経費負担を従業員に強いたままです。
 キンドリルジャパンは今回の6月賞与に適用される会社業績達成度について、何ら具体的な説明をしませんでした。さらに、6月賞与に賃上げが間に合わなかった点についても救済策が未解決のままです。会社分割の結果、日本IBMの労働条件から不利益な変更が生じてはなりません。7月賃上げと同時に不利益救済策も発表されるべきです。
 さらに、両社とも東京都の最低賃金を下回るシニア契約社員の待遇改善について回答が無く、依然として法令違反の状態が続いています。
 私たち日本IBM支部は6月3日午後の半日ストライキを実施します。日本IBMとキンドリルジャパンは、従業員の生活を考えた誠実な回答をするべきです。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。